ハワイ専門ロングステイアドバイザーが貴方のハワイロングステイ(長期滞在)を完全サポート。コンドミニアムの手配から現地での生活のお手伝いまで致します。

米国本社:ハワイ州ホノルル市ワイマヌst.1232 A-2
日本支社:〒173-0037 東京都板橋区小茂根4-3-15

ハワイロングステイのお問合せは

03-3957-4891

受付時間

9:00~18:00 (定休日:日曜・月曜・祝祭日・年末年始)

はじめてのパスポート取得

はじめてのパスポート取得

パスポート(旅券)とは、日本国政府が発行する公文書であり、海外で国籍・氏名・年齢などを証明することが出来る、ほぼ唯一の証明書です。
また同時に旅行者が海外で安全に旅行できるように、また必要であれば保護扶助を各国の諸官に要請する公文書です。
海外旅行中は様々な場所でパスポートの提示を求められるので常に携帯をしていなければならないことになっています。
旅行中、パスポートの提示を求められるケースとして、空港などの出入国審査のとき、ホテルなどにチェックインするとき、レンタカーを借りるとき、警察官などから身分証明書の提示を求められたとき、などがあります。

現在、パスポートの種類は赤い表紙の10年有効のパスポートと紺色の表紙の5年有効のパスポートがあり、ICチップが内蔵されたIC旅券となっております。

IC旅券とはIC(集積回路)を搭載し、これには国籍・名前・生年月日や所持人の顔写真を電気的に表したものが記録され、旅券の中央にICチップと通信を行うためのアンテナが格納された厚紙が組み込まれています。

新規でパスポートを申請する際には、住民票がある都道府県庁の旅券課にて行います。

必要書類として

一般旅券発給申請書が1通(申請窓口で貰えます。5年用と10年用の2種類がある。)
戸籍謄本又は抄本が1通 申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。夫婦で1通あればよい。)
パスポート用の写真 1枚(45ミリメートル×35ミリメートル、余白にも指定あり。) 
身元確認書類(運転免許証等なら1点。2点必要な証明書等もある。)

また更新の場合は必ず以前取得したパスポートを持参してください。

申請してから受領まで1週間程です。

新規で発給した場合、パスポートの受領には必ず申請者本人が行くことになります。
その際、申請のときに渡された受理票(受領証)を持参します。

手数料は有効期間10年は16,000円で有効期間5年は11,000円になります。

また有効なパスポートを持っている方は、その残存有効期間に注意してください。
ハワイに旅行するには帰国日まで残存期間があるパスポートであれば問題ありませんが、国によってはパスポートの残存有効期間が3ヶ月または6ヶ月以上ないとビザ(査証)がもらえない国があります。

ハワイを含むアメリカへの入国の場合、残存期間は90日以上あることが望ましいです。

パスポートの残存有効期間が1年未満であれば、発給申請が出来ますので、切り替えをお勧めします。

また査証欄の余白がなくなった場合は一度に限り補強ができます。
申請時に2,500円の手数料が必要となり、受領まで4~5日間かかります。
 

お問合せはこちら

お電話でのご連絡はこちら

03-3957-4891

受付時間:9:00~18:00 (定休日:日曜・月曜・祝祭日・年末年始)

代表者プロフィール

名前:岡田 誠
出身:東京都板橋区
誕生日:1971年6月生まれ
血液型:O型
趣味:旅行、ゴルフ、波乗り

皆様、アロ~ハ!
ハワイ専門のロングステイアドバイザーをしております。
岡田の詳しいプロフィールをご覧になりたい方は下記よりどうぞ!マハロ!

会社概要

ハワイステイサポート・インク

03-3957-4891

03-3957-4889

mail@hawaii-stay.com

米国本社:ハワイ州ホノルル市ワイヌマst.1232 A-2

日本支社:〒173-0037
東京都板橋区小茂根4-3-15

会社概要はこちら